ページトップへ

犬島精錬所美術館

観光スポット・アート

犬島精錬所美術館

uji

犬島精錬所美術館は銅の精錬所を再生した美術館で、古代遺跡のような雰囲気を楽しめると評判です。 植物の力を利用した高度な水質浄化システムを導入しており、環境に負荷を与えない建築となっています。 美術館内には三島由紀夫をモチーフにした作品が展示され、独特な世界観が表現されています。

基本情報

所在地 岡山県岡山市東区犬島327−4
開館時間 10:00~16:30
休館日 3月~11月:火曜日
12月~2月:火・水・木曜日
鑑賞料金 2,060円
※シーサイド犬島ギャラリー、家プロジェクトと共通
※15歳以下無料
ホームページ http://benesse-artsite.jp/

アーティスト

●三分一博志
●柳幸典

口コミ

遺産と再生を感じる

2013.8.17

入り口の門を抜けたところ。美術館とは思えない風景が続きます。 レンガ作りの建物。どこまでが元々で、どこから改築されたのかよく分からない見事な空間。 廃墟マニアの気持ちが少しわかるような気がしましたけど、気のせいでしょう。 美術館の中は例によって撮影禁止。鏡と光をつかったレンガ造りの道、 また柳幸典氏の「ヒーロー乾電池」などダリの絵画を彷彿とさせる作品が展示されていました。 結構、少ない作品展示だったなと思ったのは大間違い。実は美術館の外にも同じくらいの建築的な魅力が溢れていました。

applembp.blogspot.com

撮影熱は高まる高まる

2009.5.2

いまにも倒れそうな煙突、トロッコの跡、カラミ煉瓦に囲まれた空間、案内されながら歩かなければいけないので、 一旦撮影し逃したらもう戻れない!そう思うと、いやが上にも撮影熱は高まる高まる。 大興奮、我慢できない大人たちの大撮影会が終わり、三分一博志による建築物の中へ。遺構の煙突を使い、自然の空気の流れを利用して、 夏は土の力で冷却した空気を、冬は太陽の力で暖める空気を流すようにした、非常にコンセプチャルで面白い空間。

hatenablog.com

犬島精錬所美術館

2014.9.5

犬島に行く前に不安だったのが、行っても実はたいしたことなくて面白くないんじゃないの?ということでした。 直島に比べてスケールが小さいし知名度も落ちるので、わざわざ船まで乗って観に行く価値があるのかどうか、と思っていました。 結果、本当に行ってよかったと思いました! そして犬島の観光スポットでも断トツで良かったのが犬島精錬所美術館です。 普段、美術館巡りをするタイプでもなく、アートに詳しいわけでもない私でも十分楽しむことができました。

guesthouse-hostel.com