ページトップへ

石職人の家跡

観光スポット・アート

石職人の家跡

uji

古代遺跡のような作品、「石職人の家跡/太古の声を聴くように、昨日の声を聴く」。 ゴム素材を地面に焼き付ける手法で描き出された花やキツネの絵には、今にも動き出しそうな躍動感があります。 絵は敷地内だけではなく、中の谷の入江の小路にも展開されてます。(作品名「sprouting 01」)

基本情報

所在地 岡山県岡山市東区犬島
開館時間 10:00~16:30
休館日 3月~11月:火曜日
12月~2月:火・水・木曜日
鑑賞料金 2,060円
※犬島精錬所美術館、シーサイド犬島ギャラリーと共通
※15歳以下無料
ホームページ http://setouchi-artfest.jp/

アーティスト

●淺井裕介
●長谷川祐子
●妹島和世

写真

作品1

uji

作品2

uji

作品3

uji

作品4

uji

口コミ

家プロジェクト「石職人の家跡」

2014.11.7

どこかで見たことのある作風だなぁ、と思ったら、 作者の淺井裕介はコガネイの地上絵プロジェクトにも参加している人だった。そう思ってみると、断然親近感が湧く。 今日見た中で一番いい作品に思えてくる。 どこかの遺蹟から掘り出されたような、神秘的で温かい、生きとし生けるもの全てを賛美する雰囲気があふれている。

xdomain.jp

原始的なモチーフ

2013.11.4

地上絵の中央には、メインと言えそうなキツネが大きく描かれています。 トーテムポールを思わせる柱ですね!原始的なモチーフを、現代的な感覚で表しているという感じです。 この円柱もそんな感じです。ヒトがより大きく描かれているのが面白いです。

ameblo.jp

家跡について熱く説明

2016.4.9

犬島に泊まった人と、その宿のおばちゃんなのか、石職人の家跡について熱く説明をされていました。 横で聞いているとまるで説教なのですが、岡山弁バリバリなだけで怒ってるわけじゃないんですよね~ 10年ぶりぐらいに岡山に来たのでちょっと懐かしかったです。そして説明面白かったです。

nob-log.info