ページトップへ

地中美術館

観光スポット・アート

直島最大の観光スポット「地中美術館」。繁忙期は昼過ぎに整理券の配布が終了します。 ハイシーズン期間に遠方から訪れる方や、日帰りで観光する方はWEBチケットで整理券を事前に確保しておきましょう。 館内にはウォルター・デ・マリアの「タイム/タイムレス/ノー・タイム」や ジェームズ・タレルの「オープン・フィールド」など、一度は見てみたい作品が 設置されています。直島に来たなら必ず訪れてほしいスポットです。

基本情報

所在地 香川県香川郡直島町3449−1
開館時間 10:00~18:00
※10月~2月は17時まで
休館日 月曜日
鑑賞料金 2,060円
※15歳以下無料
ホームページ http://benesse-artsite.jp/
WEB予約
※ハイシーズンのみ
http://ticket-basn.pia.jp/

アーティスト

●クロード・モネ
●ウォルター・デ・マリア
●ジェームズ・タレル
●安藤 忠雄

口コミ

体験型美術館

2016.4.26

ただ、作品を見るだけでなく、体験出来る美術館だと思いました。 無料シャトルバスでチケットセンターに着くと、係りの方が美術館の概要を、説明してくれます。 チケットセンターから美術館までのアプローチも睡蓮の池があり、ここからすでに体験が始まっていました。 作品の、展示数は少ないのですがどれも感動でした。

tripadvisor.jp

良かったです

2016.3.1

直島にある美術館の1つです。入館料はちょっと高めで、どうかな?と思ったのですが満足する結果になりました。 とても静かな美術館なので音がする靴を履いていかないほうが無難です。モネと現代アートを鑑賞することができます。 やはりモネはとても良かったです。その他現代アートも奇抜すぎず興味深いものがいくつかありました。 名前は忘れてしまいましたが空間を使ったアートがかなり印象深い体験になりました。

4travel.jp

「モネの一室」が素晴らしい。

2010.9.5

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をもとにつくられたのが、地中美術館のクロード・モネ室です。 先日私はその場所を訪れたのですが、モネの絵を見たというよりも、モネの一室を体感したという言い方がふさわしいと思います。 部屋全体が作品であるかのような心地よい緊張感に包まれていました。

kumiko-jp.com