ページトップへ

歩く方舟

観光スポット・アート

歩く方舟

uji

旧約聖書に出てくるノアの方舟をモチーフにした立体作品。 4つの山からなる方舟が、8本の足で海に向かっていく様を表現しています。 恐怖とユニークさを兼ね備えた作品は、見る者に様々な感情を呼び起こさせます。

基本情報

所在地 香川県高松市男木町
開館時間 常時
休館日 無休
鑑賞料金 無料
ホームページ http://setouchi-artfest.jp/

アーティスト

●山口啓介

写真

作品1

uji

作品2

uji

作品3

uji

作品4

uji

口コミ

歩くフジツボ

2016.6.4

瀬戸内国際芸術祭2013の現代アート作品です。恒久展示ですので、芸術祭期間外でもみられますが、 この作品のある男木島は高松港からフェリーで40分かかりそこから徒歩で20分くらいの海岸沿いにあるので、 やはりほかの作品と合わせて芸術祭期間中に行かれることをお勧めします。ノアの方舟に着想を得たそうですが、 さほど大きくなくせいぜい手漕ぎボート程度です。また上部が山形で海辺にあるので、 私には巨大なフジツボに足が生えて海に帰っていくところのように見えました。

tripadvisor.jp

ユニークな屋外アート

2015.9.1

夜になると歩き出すという噂があると聞きました。 本当にヒョコヒョコと歩き出しそうです。思った以上に大きく、自分の身長よりずっと高かったです。 アートが立つ場所は足場が悪いし、海岸にあるので、風が強くて、ちょうど台風が接近していたタイミングだったので、 吹き飛ばされそうな怖さがありました。

4travel.jp

様々なイメージが喚起される

2013.8.1

瀬戸内国際芸術祭(2013年)のときに訪れました。瀬戸内海に浮かぶ男木島にある野外展示作品です。 ノアの方舟に着想を得ているとのことですが、そうした聖書の深刻なテーマよりは、 「足がはえてる!」「夜歩き出すらしい」というようなコミカルな明るさを感じさせます。 瀬戸内の海と、背景の島々の風景にすっと溶け込むかんじがおもしろいです。

4travel.jp