ページトップへ

二十四の瞳映画村

観光スポット・アート

昭和62年に撮影された映画「二十四の瞳」のオープンセットがそのまま映画村として観光施設になっています。 美しい瀬戸内海を背景に、昭和の懐かしい雰囲気を楽しめます。 当時の服に着替えてみたり、昔の給食を食べてみたり…。様々なイベントも開催されています。

基本情報

所在地 香川県小豆郡小豆島町田浦931
開館時間 9:00~17:00
休館日 無休
鑑賞料金 大人:750円
小人:350円
ホームページ http://24hitomi.or.jp/

口コミ

二十四の瞳映画村

2012.7.21

小豆島の東端には 舞台となった苗羽小学校田浦分校(旧田浦尋常小学校)がありましたが その600m南側に 「二十四の瞳」をテーマとする施設“二十四の瞳映画村”が造られています。 昭和29年と昭和62年の2度に渡って 映画化された小説「二十四の瞳」をテーマとする施設群で、 昭和62年に映画化された時のロケで使用された「岬の分教場」と 映画の主要な舞台になった 大正から昭和初期の民家、男先生の家、漁師の家、 茶屋、土産物屋など14棟のオープンセットが公開されています。

fc2.com

岬の分教場の後に

2016.8.12

映画村の方を三年ぶりに訪問してみました。 三年前と変わらないひまわりが私を癒してくれました。 映画のセットの校舎も懐かしさを感じるレトロな雰囲気に浸っていました。。。 三年前の青い空と青い海と変わらない姿で私達を迎えてくれた二十四の瞳の岬の分教場と映画村。。。 またいつか訪れたいですね。

jalan.net

オープンセット

2012.2.1

映画「二十四の瞳」のオープンセットです。昭和62年に撮影されたものがそのまま残っているので、 この映画村の中に入ると、昔懐かしい雰囲気が漂い、昭和の時代にタイムスリップしたかのような気分になります。 映画で使われた学校や、お家や街並みももちろんありますが、お店もたくさんあって、 ご飯も食べられるし、お土産もたくさん買えちゃうんです!

seesaa.net