ページトップへ

小豆島

オリーブと多彩な文化が育む大きな島

小豆島

uji

小豆島は高松市の約20km北東沖に位置し、瀬戸内海では淡路島に次いで2番目の面積がある大きな島。 温暖な気候を活かし、オリーブ・ミカンなどの栽培が行われ、400年の伝統をもつ醤油の製造も盛んです。 美しい千枚田の風景・カップルに人気のある天使の散歩道・日本最大のシンパク(特別天然記念物)・ パワースポットとして知られる重岩など、観光スポット満載で誰でも楽しむことができます。 事前に綿密な計画を練り、小豆島をあますことなく堪能しましょう!

小豆島について

島の面積 153.3km²
島の周囲 約126km
人口 28,764人(2016年度推計)