ページトップへ

民泊 緋田さん家

宿・民宿

豊島民泊のひとつ「緋田さん家」。築100年以上という昔ながらの平屋には、中庭を挟んで母屋と平屋があり、優しく懐かしい雰囲気が漂っています。 おばさんの得意料理は島に伝わる郷土料理。宿泊オプションにある「一緒につくる朝食」や「いきす豆腐づくり」で料理を教わることもできます(要相談)。

基本情報

所在地 香川県小豆郡土庄町豊島家浦2301
部屋数・定員 2部屋
価格帯 3,000円~
電話番号
ホームページ http://www.teshima-web.jp/minpaku/akeda/

宿泊プラン

●素泊まり(母屋)
:3,500円
●素泊まり(離れ)
:3,000円
※1泊1人当たりの料金目安です。正確な宿泊費用は公式HPか、宿泊施設に問い合わせてご確認ください。また、料金は改訂されることがあります。
※朝食:要相談

基本設備

●個別のトイレ
:×
●個別のお風呂
:×
●石鹸・シャンプー
:○
●ドライヤー
:○
●歯ブラシ
:×
●パジャマ・浴衣
:×

口コミ

まるでおばあちゃんの家

2016.4.6

ホテルや旅館が少ない豊島ですが、代わりに島の暮らしを体験できる「民泊」施設が多くあります。 私が宿泊したのは、家浦地区の緋田(あけだ)さん宅。築100年を超える母屋の一室をお借りして、ご家族と一緒に一夜を過ごしました。 希望制の朝食や夕食は、緋田さんと一緒に作って家族と一緒にいただけます。

mag2.com

【豊島】のおばあちゃんち。

2012.8.8

緋田さんのお宅は、高速艇が発着する家浦港に近い家浦地区。 この辺りは、街並みにも路地にもノスタルジックな雰囲気が漂います。 お家に到着~。で、思わず出た言葉は・・『ただいま~』 すでに玄関から、やさし~い空気が流れているよう。初めてなのに・・ほっこりします。

shima-radio.jp

島の食材満載

2013.8.15

10日ほど前にB&Bでお世話になった緋田(あけだ)民泊で、 朝食の充実ぶりに感動していたら、実は女将は島でも有名な料理名人だという。 食材のほとんどは島で採れたもので、味が濃いけれど爽やか。もちろんどれも美味しく、朝からお腹いっぱいになってしまった。

ameblo.jp