初めてのチャイルドシート選び

そろそろチャイルドシートを買わないといけないんですが、正直よくわからないことが多い。。。

「対象年齢」
「シートベルト式 or ISOFIX式」
「固定式 or 回転式」
「新品 or 中古 or レンタル」

まずは選択肢をひとつずつ潰して、良さ気なチャイルドシートをピックアップしてみます。

対象年齢

シートベルトの使用が義務付けられているのは、6歳未満の子ども。産まれてから6年間はチャイルドシートに座らせないといけないそうです。

新生児用(ベビーシート)・乳児用(チャイルドシート)・ジュニアシートなど、さまざまなチャイルドシートが販売されているので、子どもの大きさに合ったチャイルドシートを選びます。

わが家は新生児用。0歳から使えるものを見つけます。

シートベルト式 or ISOFIX式

対象年齢を確認したら、車への取り付け方法を選びます。

シートベルト式

シートベルト式は昔からある方法で、車のシートベルトをチャイルドシートに通して座席に固定させます。車のシートベルトには2点式・3点式がありますが、市販されているチャイルドシートの多くは3点式に対応したもの。

3点式シートベルト

3点式は、たすき掛けのシートベルトのことです。

一方、2点式は3人掛けの座席の真ん中とかにあるシートベルト。バスとか飛行機のシートベルトもこの形。

2点式シートベルト

シートベルトのほとんどが3点式だと思うので、2点式はあまり考えなくていいかも。

ISOFIX式

最近買う人が増えているISOFIX(アイソフィックス)式。コネクターに差し込むタイプのチャイルドシートで、簡単に取り付けられる上に、しっかり固定できるという特徴があります。

アイソフィックス

(出典:Combiホームページ

ただ、車にコネクターの差し込み口が付いている必要があるので、全ての車に対応しているわけではありません。

2012年7月以降に発売された車には金具が搭載されているようですが、うちの車は中古。iPodのコードも繋げないような車に、そんな最新機能が付いているわけありません。

なので、シートベルト式(3点式)のチャイルドシートを探します。

固定式 or 回転式

車への取り付け方を決めたら、最後に固定式か回転式かを選びます。それぞれに良い点(反対に悪い点)があります。

固定式の良いところ

・シンプルな作りでコンパクト
・高さがでないので、邪魔にならない
・軽いから付け替えやすい
・回転式より安い
・回転式より長く使える
・安全性が高い(らしい)

回転式の良いところ

・乗せるのが楽
・降ろすのも楽
・ドアの外から乗せられる
・シートベルトが邪魔にならない
・後ろ向きから前向きにするのが楽

それぞれ、一長一短。「どっちを選んでも慣れれば問題ない」という意見もちらほら。

うちは嫁さんが回転式を所望しているので、わが家は回転式一択。新生児用のシートベルト&回転式チャイルドシートを探します。

新生児用のシートベルト&回転式チャイルドシート

よく耳にするメーカーの名前は「①コンビ」「②アップリカ」「③エールベベ(カーメイト)」。

その他、「タカタ」「リーマン」は回転式を取り扱っていないので対象外。あと、「レカロ」「サイベックス」っていうドイツ製のものもあるみたいですが、なんとなく日本製にしたいので対象外。(ドイツのメーカーもしっかりしていると思いますが、なんとなく。。。)

①コンビ

ネルーム

(出典:Combiホームページ

まずはコンビの「ネルーム」。コンビは他にも「ゼウスターン」・「ネセルターン」・「ラクティアターン」っていうシリーズを出していたみたいですが、今は生産終了しているのでネルームに絞って検討します。(シリーズは色々ありますが、基本的なつくりはどれも同じような感じです)

ネルームのモデル・ランクはこんな感じ。

ネルーム エッグショック NC(生産終了モデル)
┗NC-470(普通) 定価50,000円
┗NC-520(上位) 定価55,000円
┗NC-570(最上位)定価60,000円

ネルーム エッグショック NF(2015年モデル)
┗NF-500(普通) 定価50,000円
┗NF-550(上位) 定価55,000円
┗NF-600(最上位)定価60,000円

ネルーム lite EF(2016年モデル)

クルムーヴ エッグショック JG(2016年モデル)
┗JG-550(普通) 定価55,000円
┗JG-600(上位) 定価60,000円

※最新の「クルムーヴ」は「ネルーム」ではないですが、機能は同じようなものなので併せて検討します。

ランクがlite・普通(スタンダード)・上位(ハイグレード)・最上位の4段階に分かれていますが、大雑把に違いを言えば、ランクが上がるにつれて「サンシェードが大きくなり(liteはサンシェード無し)」、「シートがふかふか」になります。

▼特徴
・卵も割れないエッグクッション
・簡単レバー操作で360°ターン
・大きなサンシェード(lite以外)

▼良い口コミ
・操作性がいい
・取り付けが簡単
・デザインがカワイイ

▼悪い口コミ
・思ったよりリクライニングしない
・ベルトの部分が硬い
・ベルトの調整が難しい

「だっこの姿勢が安全」「一歩進んだベッド型」「背中で衝撃を分散させる」といったこだわりを持つコンビ。

完璧に水平にするのは危険という考えから、あえて水平にならないリクライニングを採用していないそうですが、そのせいで「赤ちゃんの首が折れ曲がってる」という口コミをよく目にします。

あと、ベルト部分に不満を持つ人が多いみたいです。

②アップリカ

フラディア

(出典:Apricaホームページ

アップリカの回転式チャイルドシートは「ディアターン」シリーズと「フラディア」シリーズ。イス型の「クルリラ」シリーズも新生児に対応した回転式チャイルドシートですが、シートベルトでもISOFIXでも取り付け可能という不要な最新機能がシリーズ全商品に付いているので、検討から外します。

ディアターン・フラディアのモデル・ランクはこんな感じ。

ディアターン(生産終了モデル)
┗定価不明

ディアターン プラス(2015年モデル)
┗定価38,000円

●フラディア(2014年モデル)
ノーマル    定価47,000円
エアー     定価55,000円
エアープラス  定価62,500円
※エアー・エアープラスは生産終了

●フラディア ラクート(2015年モデル)
ファミリー   定価50,000円
エレガント   定価56,000円
プレミアム   定価65,000円
※プレミアムは生産終了

●フラディア グロウ(2016年モデル)
スタンダード  定価55,000円
デラックス   定価62,000円
ハイデラックス 定価69,000円

フラディアのシリーズの作り方はコンビと同じ。ランクが上がるにつれて、装備がグレードアップします。3つのランクの商品ページを開いて順々に見て行くと、グレードアップしていくのがよくわかります。(ランクの良い方は松竹梅みたいに統一してほしいですね。コンビもそうですが。)

▼特徴
・平らなベッド
(フルリクライニング)
・安全性を追求した構造設計
・洗えるシート

▼良い口コミ
・平らだから赤ちゃんが大人しい
・洗濯機でシート丸洗い可能
・座席への設置は意外に簡単

▼悪い口コミ
・重くて付け替えが大変
・操作性が悪い
(レバーが動かなくなる)
・横向きだと邪魔

アップリカの商品の一番の特徴はフラットシート。横向きにすることで、フルリクライニングにすることができます。なので、首がすわっていない赤ちゃんでも安心。

もちろん、後ろ向き・前向きに設置することも可能(その場合はイス型になります)。

一方で、「とにかく重い」「大きくて場所を取る」「レバー部分が壊れる」といった口コミも多々。機能が充実している分、不便な部分もたくさんあるみたいです。

③エールベベ

クルット

(出典:AILEBEBEホームページ

最後、エールベベから出ているのは「クルット」シリーズ。その中で「クルット3」はISOFIX用しかないみたいなので、検討から除外。

クルット NT
┗ワイズ   (普通) 定価不明
プレミアムW(上位) 定価不明
┗プレミアム (上位) 定価不明
┗ザファースト(最上位)定価不明

クルット NT 2
┗アドバンス (普通) 定価不明
┗プレミアム (上位) 定価不明
┗プラウド  (最上位)定価不明

クルット 4
┗プレミアム (上位) 定価59,000円
┗グランス  (最上位)定価64,000円

ほとんど定価がわかりません。わかるのは最新のクルット4だけ。ちなみに、クルット3iやクルット4iの「i」はISOFIXを意味していて、クルット4sの「s」はシートベルトを意味しているみたいです。

▼特徴
・片手で簡単サイレントターン
・ママの手クッションで自然な姿勢
・らくらくウォッシュブルカバー

▼良い口コミ
・回転がすごくスムーズ
・思ったよりフラットになる
・車への取り付けは簡単

▼悪い口コミ
・クッションが硬い
・もっとフラットになって欲しい
・高さがあって、重い

クルットの口コミの特徴は、「思ったよりリクライニングするけど、水平ではない」という意見が多いこと。コンビのように「首が詰まって可哀想」ってほどではないけど、「なんか不安」って感じるようです。

あと、クッションが硬くてふかふかじゃないって意見もたくさん見られました。(これはランクによって変わると思いますが)

検討

さて、「ネルーム」「ディアターン」「フラディア」「クルット」の中から選ぶことになりますが、どうしましょう。

「ネルーム」  :高機能&軽い
「ディアターン」:フラット&安い
「フラディア」 :フラット&高機能
「クルット」  :ややフラット&回転性

んー、、、悩みます。色々調べたせいで、余計にわからなくなってる気もします。。。

一度見に行った方がいい

考えてもわからなかったんで、とりあえず一度お店に行くことにしました。最終的には高松の赤ちゃん本舗に行って検討する予定ですが、まずは近場のバースデイ(しまむら)で下見。

いやー、実物を見ると口コミの意味がよくわかります。そして実物を見に行って正解でした。

小さな店舗なので、あったのは「ネルーム エッグクッション NF」と「ディアターンプラス」だけでしたが、それぞれの特徴がよくわかりました。

「ネルームは回転がしやすいけど、リクライニングしない。」「ディアターンプラスは水平になるけど、かなり重い。」

結果、今のところは「ディアターンプラス」が第一候補。あとはGWに高松の大きな店舗で「クルット」を見て決めたいと思います。

新品 or 中古 or レンタル

どれを買うか決めたら、あとは「新品」を買うか「中古・レンタル」にするかを決めます。

すでにいろいろ調べている中で、「新品を買おうかな」という意識が強くなってきていますが、一応「中古」「レンタル」っていう選択肢も考えています。

中古は「メルカリ」・「ヤフオク」・「ジモティー」がメジャーどころ。私たちは「メルカリ」で探しています。

レンタルは「かしてネっと(ダスキン)」・「Baby renta」・「ダーリング」が有名。あと、交通安全協会などで貸し出しもしているみたいですが、回転式なんてあるわけがないので、これは検討外ですね。

最後までどうなるかわかりませんが、調べれば調べるほど、中古・レンタルは不安。「レンタルで十分」って意見もよく見ますが、失敗するのも怖いですし、多少高くても新品の方がいいような気がしています。

結局何を買ったのか、どうだったのかは、また改めてレビューします。