うどん県に移住を決めるまで

7月から夫婦でうどん県こと香川県に移住することにしました!

約5年間東京で過ごしてきましたが、今後自分たちがどんな生活をしたいかを考えると、このまま東京に住むという選択肢はありませんでした。そもそも、地方に移住したい、というか生まれ故郷の香川か、学生時代を過ごしたオーストラリアに戻りたいとは現在の主人と付き合う前から思っていました。

東京で就職した直後「あ、東京に来たのミスだったかも」と思いました。就職決める前に気づけよって話ですが…。自由奔放に生きてきたカントリーガールは、ノリと勢いで東京に引っ越してしまったわけです。何が「ミス」だったかというと、当時の私に影響が大きかった環境と食事です。

東京に来て初めて気づいた、自分にとって気持ちよく生活できる環境

まず、高層ビルや建物どうしの間隔が狭いことによる圧迫感。空が狭いことがこんなにストレスになるとは自分でも思ってもみませんでした。そして緑が少ないことも地味にダメージ。季節を感じにくいですね、草木が少ないと。更に追い打ちをかけたのが通勤電車。いや、物理的にもう無理でしょ!ってところに平気な顔してお尻をねじ込んでいくサラリーマンの方々。しかも混んでるのに慣れっこならば、お互い荷物や身体が当たるのは仕方ないよね、我慢しましょう、っていう穏やかなテンションかと思いきや、意外とイライラしてる人が多い。ここまでしてこの場所に住い、仕事をすることに意味があるのだろうかと疑問を抱いたのを覚えています。

あれ?今まで食べてたものって、どこでも手に入るものじゃないのね

それから食事。海育ちなのもありますが、私は断然肉より魚派です。元々食べて昼寝することで癒し効果を得るタイプだったので、せめて休日に何かおいしいもの食べたいと思いました。が、しかし!スーパーで売られている魚介類の鮮度があまりよろしくない上に高い。外食も以下同文な感じ。お洒落なイタリアンとかフレンチが好きだったら、東京サイコー!となっていたかもしれませんが、残念ながら私が食べたかったのはベース和食で鮮度のいい魚介と野菜でした。

そんなこんなしているうちに、人並みには適応能力を持ち合わせていたようで、若干のストレスは感じながらも東京の生活に慣れていきました。ただ、漠然と社会人経験を数年積んだら香川かオーストラリアに帰ろうと思うようになっていました。結婚を期に、主人と改めて今後の人生プランを議論した結果、やはり東京を離れて田舎に移住しようということになり、今に至ります。

移住先を決める前に、まずどんな生活を実現したいか具体化する

東京を出て田舎暮らしをするとして、そこでどんな生活をしたいのか具体的に考えてみました。私たちの場合はこんな感じです。

・家族の時間を毎日ゆっくり持ちたい
・時間や季節の変化を感じながら生活したい
・子どもが生まれたら自然に触れながらのびのび育てたい
・新鮮な食材(主に私の希望)で作ったご飯を毎日食べたい
・休日はアウトドアを気軽に楽しみたい
・海の近くがいい(by私)

まあ、この時点では香川もオーストラリアも同点といったところでした。他にも、個人的にはニュージーランドもいいなーと思ったり。

移住するにあたっての懸念事項

環境だけで言えば、香川でもオーストラリアでも、他の土地でも当てはまるところはたくさんあるのですが、ここで私たちが考えなければならなかったのが、主人の英語問題と人生設計的にぼちぼち子ども欲しいよね、という問題。

まだ子どもはいないのでオーストラリアとか、他の外国にとりあえずワーホリで行っちゃうという選択肢もありましたが、同時に子どもを産むとなると経済的になかなか厳しそうでした。仮にオーストラリアに行ったとして、当面は私が一家の稼ぎ頭となるわけですが、妊娠・出産も、となると収入源がかなり危うくなるわけです。その間食いつなげる貯蓄があれば別ですが、現時点ではそんな貯金もありませんでした。

海外移住と子どものどちらを優先させたいかと考えると、できるなら子どもは早めに産んでおきたいので、オーストラリア案は一旦ボツになりました。そして、そもそも子どもが早めに欲しいとして、ニュースでよく聞く待機児童の問題とか、実際に育児中の友達の話を聞いた結果、「困ったときに頼れる親が側にいた方が何かと便利」という結論に至りました。

そんなこんなで、実現したい田舎暮らし×出産・育児=とりあえず香川に移住、となりました。