家賃補助の実績報告

とうとう来ました。家賃補助の実績報告。長かった書類作りとの戦いから、ようやく解放されます。

≪新婚世帯家賃補助について紹介したブログはこちら
≪”移住”新婚世帯家賃補助について紹介したブログはこちら

申請の時と同じように、実績報告も色々と資料の準備が必要です。

1.坂出市移住新婚世帯家賃補助金実績報告書
2.世帯全員の住民票原本(続柄,世帯主を表示)
3.世帯全員の市税の完納証明書原本
4.家賃の支払い証明(領収書・通帳などのコピー)
5.世帯全員の住宅手当支給証明書
6.世帯全員に県税の滞納が無いことを証明する書類
7.坂出市移住新婚世帯家賃補助金交付申請書(継続)

さぁ、これで最後。がんばります。

1.実績報告書、7.交付申請書

これは申請した時と同じような書類。署名・捺印して、補助金の額などを記載したら完了です。

もし不明な点があれば空欄のままにして、市役所に持っていった時に担当の方に聞いて埋めればOK。そんなに時間はかからないです。

最後に請求書への押印があるので、いずれにしても印鑑は持っていってください。

2.住民票、3.市税の完納証明書

この2つは実績報告で市役所に行く時に取得すればいいです。2つとも本人確認をされるので、運転免許証が必要です。

住民票は申請書に必要事項を記入して、「世帯全員の写し(謄本)」を1通(手数料300円)発行してもらいます。その際、「続柄」にチェックを入れるのを忘れないように。

完納証明書もその場で申請書に記入して発行してもらえば完了。「完納証明書」を夫婦で2通(300円×2)発行してもらいます。ちなみに、申請書1枚で「本人」と「同世帯の人」両方にチェックを入れたら、2通発行してくれました。

住民票は市役所1階の1番窓口、完納証明書は1階の10番窓口で取得できます。

4.家賃の支払い証明

通帳や領収書のコピーを印刷して持っていきます。これがまた面倒。

出入金やら残高やらを見られても気にしないということであれば、そのまま持っていっても大丈夫だと思います。でも、あまり気分のいいものではありません。

気になるという方は、家賃の出金が記帳されたページを印刷して、不要な部分を黒く塗りつぶし、再度コピーして提出してください。

私の場合はWEB記帳をキャプチャしておいて、Photoshopで黒く塗りつぶした後に印刷して持っていきました。

なお、家賃は前払いが基本なので、4月~翌年3月の支払い証明をする場合は、3月~翌年2月分の家賃の出金をコピーします。

5.住宅手当支給証明書

これまた大変。勤務先に記入・捺印してもらう書類です。もちろん、共働きなら2枚用意しないといけません。

「住宅手当という制度はありません」もしくは「制度はありますが、この人には支給していません」ということを会社に証明してもらいます。

捺印は角印(社印、法人における認印)で問題ありません。

ただ、個人事業主の場合は丸印(代表社印、法人における実印)での捺印が求められるようです。

6.県税の滞納が無いことを証明

これも申請した時に出した書類と同じです。

まずは、下記ページを見て下さい。

前回は郵送で請求しましたが、今回は県税の窓口に行きます。

申請書を2部印刷して、「窓口に来た人」の欄に署名・捺印して、「全税目について未納がない旨の証明」にチェックを入れて持っていきます。

夫婦どちらかしか行けない場合、行けない方の申請書は「窓口に来た人」・「納税者(委任者)」にそれぞれの署名・捺印して提出します。

県税の窓口は下記にあります。

貼付が必要な香川県収入証紙については、基本的に窓口に併設されていますが、坂出にある「中讃税務窓口センター」は証紙の販売をしていないので、事前に買っておく必要があります。

売りさばき所は下記記事で確認してください。

これで完了。

あとは5月に振り込まれるのを待つのみです。