予約しないと入れない!?「地中美術館」が通年予約制に!

直島の「地中美術館」が、2018年8月1日から予約制(オンラインチケット)に移行するようです。

地中美術館

これまでも予約システム(チケットぴあ)はありましたが、販売はGWや夏休みなどハイシーズンだけでした。それが今後は通年の販売になります。

同時刻の最大購入枚数が「9枚」から「8枚」に減るみたいなので、「少しは混雑しなくなるのかな?」って思ったら、ちがいました。

項目 8月1日以前 8月1日以降
料金 2,060円 2,060円
支払方法 クレジット クレジット
キャンセル 不可 不可
対象期間 ハイシーズン 通年
購入サイト チケットぴあ 公式HP
同時購入枚数 最大9枚 最大8枚
時間の区切り 30分 15分

時間の区切りが「30分」から「15分」になってるからびっくり。

確かに普通の日なら混雑の緩和には繋がって、「団体客とぶつかって全然楽しめなかった」ってこともなくなるかも知れませんが、ハイシーズンはむしろ混むかも。

新予約サイトは7月5日にOPENされるみたいなので、そこでまたブログを更新したいと思います。

新予約サイトOPEN!

予定通り、予約サイトがOPENしました。

チケットの販売は翌々月分まで。8月5日に10月分が発売され、9月5日に11月分が発売されるようです。GW5月であれば、販売は3月5日。

15分単位で販売しているチケット枚数

一番気になっていた15分単位のチケット枚数は、日によって最大「40枚」だったり「15枚」だったりします。混雑が予想される土曜日やハイシーズンは最大40枚、平日は最大15枚、といった感じで調整しているのかもしれません。

残りの枚数は、日時を指定するときに確認できます。

予約サイト

2018年8月11日(土)の空き枠を7月中旬に見た時の画面。朝10時・11時が人気あるみたいですね。

それにしても15分あたり最大40人予約できるってことですが、そんな入れるのかな。。。全員が1時間滞在したとして、最大160人が館内にいるってことです。絶対楽しめないw

そんな日は行かないほうがいいです。

予約は絶対に必要?

予約していなくても、当日チケットを購入することはできるようです。

直島家プロジェクトの「きんざ」のような”完全”予約制ではないため、空いていればその場でチケットを買うことができます。

もちろん、ハイシーズンは予約しないで入れる可能性はかなり低いです。これまでも昼間に整理券が完売したりしていたので、予約制になったらまず入れないでしょう。

どうしてもハイシーズンに行く必要があるなら、必ず予約しておいたほうがいいです。

おすすめの時間帯

人が少ない時期に行くならどの時間でも楽しめます。地中美術館に行くことが旅の目的なら朝一番の10時でもいいですし、旅の締めくくりとして15時くらいに行ってもいいと思います。団体客と鉢合わせたら、先に地中美術館カフェに行って時間を潰せばすぐ空きます。

ハイシーズンはどの時間に行っても混んでる可能性がありますが、一番いいのは朝10時だと思います。前の時間の客がいないので、最初の15分間は人数が限られるはずです。

ただ、みんな同じようなことを考えると思うので、そもそも予約するのが難しいかもしれません。

何度も言いますが、やっぱりそんな時期は行かないほうがいいです。