念願のサンライズ瀬戸に乗ったよ!

前々から乗ってみたいと思っていたサンライズ瀬戸に初乗車!本当は東京→香川で乗って、朝日を浴びる瀬戸内の島々を眺めながら高松に到着・・・というのを夢みていたけれども、実現する前に香川に引越してきてしまったので、今回は香川→東京に乗りました。

予約は1ヶ月前の発売と同時に!じゃないと乗れないよ。

そもそも、香川の引越しのときにサンライズ瀬戸乗ればよくない?と言い出したのが6月始め。(引越しは6月下旬)1部屋くらい空いてるでしょっと軽い気持ちでみどりの窓口に行ったものの、玉砕。窓口のお姉さんに、1ヶ月前の発売と同時に予約することをおすすめされる。

旦那実家に帰る用事があったので、今度こそ!と乗車予定日1ヶ月前の朝9:30に旦那を最寄り駅のみどりの窓口に送り込む。(乗車券の発売は1ヶ月前の朝10時から)10時になった瞬間に予約ボタンを押してもらったにも関わらず、お目当てのデラックスツインは売り切れ…。なんとかシングルツインを確保。そんなに人気なの?!意外と穴場な交通手段だと思っていたけど、甘かったです。

サンライズ瀬戸のお部屋の種類

部屋の種類は大きくわけてシングルとツインの2種類。でもざーーーっくり言うと、豪華な部屋とそうでもない部屋の差があります。一番お安いのは雑魚寝みたいな部屋もあるみたい。元気な男子学生じゃないと無理(笑)私たちが泊まったシングルツインは、通常のシングルの部屋の広さで2段ベッドになっているタイプ。デラックスツインだと、ビジネスホテルみたいにベッドが横並びになっています。

事前にネットで部屋の広さを見てみたところ、結構狭そうだったので、歯ブラシとか着替えとか、すぐ取り出したいものはリュックに入れて持っていきました。これは正解だった。狭い部屋に2人いて、スーツケースを広げるのは億劫でした。

いよいよ乗車!わくわく

サンライズ瀬戸がホームに到着。飛行機や新幹線とは違ったわくわく感。ジブリ気分(笑)私たちは使いませんでしたが、シャワー室やラウンジもあります。お風呂入ってから家を出たので、洗面所で歯磨きと洗顔だけしました。

サンライズ瀬戸

サンライズ瀬戸の車内

うまいこと写真の枠に入らなかったのですが、下は普通のベッドで上はなんとベルトで一応落ちないようになっているというワイルドな作り!

シングルツイン(下段)

シングルツイン(上段)

最初の15分くらいは自動のブラインドを上げたりおろしたり、車内を見てまわって楽しんでいたのですが・・・酔った・・・。想像以上の揺れと騒音です。乗り物酔いしやすい人は要注意です。私は下段、旦那は上段のベッドで寝たのですが、私はあんまり眠れなかった。しかも次の日1日中、酔いがさめない。旦那いわく、上段も結構な揺れだったけどまあ普通に寝れたよ。とのこと。

シングルツインは車両の両端に配置されているため、他の部屋よりも揺れるらしい。シングル2部屋にした方がよかったかな?

もし次回乗るなら、シングル2部屋か、やっぱりデラックスツインだな!でもデラックスツインは取れる気がしないです。