木の根を見上げる?!小豆島の木

国境を越えて・潮の山手側に上っていったところに「小豆島の木」があります。たぶんこの地区の瀬戸芸作品はこの2つだけだったと思う。

2ヶ月半かけて、地元の方々が根の細部まできれーーーーに掘り起こしたそうです。毛細血管みたいなほっそい根までちゃんと残っていました。気が遠くなる作業や・・・。私には無理や・・・。もし私がこのプロジェクト参加してたら、根っこザグーーー!ってきったりして、めっちゃ怒られただろうな…笑。毛細血管レベルの根っことか、私だったらブチブチ切ってると思う笑。

下から見た小豆島の木 小豆島の木_全体像

大きな木の根を下から見上げるのって、他の方もいろんなところで言ってるとおもいますがなんだか変な感じです。細かいパーツが集まって、こんな大きなひとつのものになっているのかーと感心。私は、木の根元から1本追いかける根を決めて、それをずーっと伝っていくのが地味に面白かったです。え、これこんなとこまで伸びてんのか!とか。根暗な遊び。

秋はそうでもないかもしれませんが、室内は締め切られているので、鑑賞中は暑さに注意です!