豊島の宿「白い寮」に泊まってみた

前から泊まってみたいと思っていた「白い寮」。

前は「イルヴェントの白い寮(カフェ・イルヴェントで働くスタッフの寮だった名残)」という名前でしたが、最近になって名前からイルヴェントの文字がなくなりました。

入口

1日1組限定、一棟貸しの宿。部屋は3部屋。最大6名で宿泊できます。

間取り
(出典:白い寮ホームページ

ROOM1はリビング。寝る時以外はここでゴロゴロ。

ROOM1

ROOM2はベッドルーム。ユニットバスもあるので、暗くなってからはこの部屋で過ごしました。

ROOM2

ROOM3 はどこか懐かしいワンルームアパートって感じ。

ROOM3

もともと寮だったこともあって、それぞれの部屋は独立してます。空調、キッチン、冷蔵庫もそれぞれの部屋にあります。トイレだけは共有。半分外にあるので、雨の時は大変かな。。。

どこで寝るかは事前に伝えておく必要がありますが、当日行ってから変えてもOK。どの部屋も自由に使えます。私たちはもともとROOM1に布団を広げる予定でしたが、当日ROOM2に変更。ベッドの間に布団を敷いて子どもを寝かせました。

お風呂はザ・ユニットバス。

ユニットバス

少し狭いですが、子どもと2人で入るには十分です。

食器・タオル・パジャマ・ドライヤー・歯ブラシ・カミソリ・スキンケア用品など、大概のアメニティは完備。レンジやポットも用意されているので、朝にスープやコーヒーを飲んでゆっくりするのもおすすめ。

宿の方の案内は丁寧・親切

予約をしたのは2ヶ月前。早めに予約しないとあっという間に埋まります。

予約すると宿からチェックインの希望時間やアレルギーの有無などについて連絡が来ます。部屋ごとに泊まる人数・男女比も聞かれ、男女でパジャマやスリッパの大きさを変えてくれます。

私たちは子どもの昼寝に合わせて14時のチェックインを希望。

当日は港まで迎えに来てくれて宿まで案内してくれます。駐車場に車を停めて徒歩3分くらい。「これです」と言われた先には昔ながらの古民家。

古民家

外観はあえて築80年の風情をそのまま残しているそうです。外から見ると少し不安なたたずまい。

目の前の通りも趣たっぷり。

目の前の通り

でも、中に入ると雰囲気がガラッと変わります。

ウッドデッキに開放的な部屋

おしゃれなウッドデッキに開放的な部屋。外観の黒と対比的な白を基調としたデザイン。

もう少しゆっくり見ていたかったんですが、子どもが寝てるのでさっそく部屋に入って布団を広げます。宿の人も手伝ってくれて、子どもが寝たのを確認したら宿の説明。

説明が終わったら鍵を渡され、自由時間。天窓のある明るい部屋でお昼寝タイムです。

すぐ裏にある豊島横尾館は子どもの遊び場に最適

16時半過ぎ、子どもが昼寝から起きたので宿のすぐ裏にある豊島横尾館へ。(本当は最終入館16:30までですが、好意で入れてもらえました)

写真はNGなので載せられませんが、1歳4ヶ月の息子にはたまらないアイテムがたくさん。

透明の床。その下を泳ぐ鯉。色とりどりの石。風になびく細長い木。どれもこれも新鮮で興味津々。こんなに気に入るならもっと早く連れてきてあげれば良かった。

もちろん大人にとっても楽しい空間。大したことないって見くびってましたが、思った以上に楽しかったです。

夕食は「海のレストラン」

海のレストラン

おまちかね。18時になったら海のレストランで豪華ディナー。時間になったらレストランまで送ってくれます。

瀬戸内の食材を使った美味しいコース料理の数々。

美味しいコース料理

事前に伝えておけばお子様プレートも用意してくれます(別途1,500円)。

お子様プレート

バクバクがっついて、びっくりするくらい食べてましたw

特にハンバーグがお気に入り。柔らかく、子どもでも食べやすいように作ってくれてます。

あんだけ人見知りをする息子が、帰りにキッチンの人に手を振ってたときは驚きました。暖かい雰囲気に安心したのかも。

少し残念だったこと

サービスも食事も大満足でしたが、一つ残念だったのが「虫」。

戸棚を開いて飛び出てきた「蛾」を追い出し、CDプレーヤーの下に隠れていた「蜘蛛」を追い出し、息子にたかる「蚊」を退治してと、少し虫が多かったです。

それもそのはず。後で気付いたんですが、ROOM1の窓ガラス、下に隙間があります。。。

窓ガラスの下の隙間

これは防ぎようがない。なので、寝る部屋をROOM1からROOM2に変えました。

あと、夜にトイレに行くとけっこう虫が集まってきています。

自然豊かな島なので多少は仕方ないと思いますが、少し多め。ウッドデッキにある木が寄せ付けてるのかな?普通の木よりも色んな虫が寄ってきてる感じがしました。

ウッドデッキにある木

リニューアル予定有り

でも、これから行こうと思っている方はご安心を。2018年11月から2019年春にかけてリニューアルするらしいです。瀬戸芸2019でお披露目。

すでに立派な建物ですが、さらに改良されて虫対策もされるはず。

また行くことができたら、リニューアルでどう変わったか改めてレポートしたいと思います。