水疱瘡の跡ってどのくらいで消える?

水疱瘡との闘いから7ヶ月。結局、土日・平日5日間・土日の9日間も苦しみ、数少ない有給をすべて使い果たした最悪の病気でした。

今はもうすっかり元気になって、遠い昔のように感じますが、それでも闘いの傷跡は体中に残っています。

背中の水疱瘡の跡

完治直後に比べればだいぶマシになったとはいえ、みすぼらしいドット柄。。。この跡はいつになったら消えてくれるんでしょうか。

体の部位によっても消え方が違う

10人に9人は子どもの頃に水疱瘡になると言われますが、その跡がいまだに残っている人は少ないはずです。ただ、大人になると子どものような再生力はありません。個人差が大きく、「何年たっても消えない」っていうこともあるみたいです。

それに、体の部位によっても消え方が違います。

一番初めに消えたのは顔の跡

▼発症から7日後
カサブタ

▼発症から7カ月後
顔の水疱瘡の跡

カサブタになるのも早かったですが、跡が消えるのも早かったです。といっても2ヶ月くらいはかかりましたが。

会社に復帰した時は、1ヵ月くらい顔を凝視されて、「水疱瘡になりまして。。。」と言うと、「あー、その跡ね」と反応されるほど、跡が目立ってました。

徐々に薄くなっていき、2ヶ月くらいでほぼ目立たなくなりました。男だから特に気にはしませんでしたが、女性はつらいかも知れません。。。

次に消えてきたのが腕・足の跡

▼発症から3日後
水疱

▼発症から7カ月後
腕の水疱瘡の跡

うっすらと跡が残ってるのがわかりますか?

一番わかりやすく残ってるのが左上の跡ですが、これは治りが遅いと思って自分で潰しちゃった水疱の跡。自然に消えるのを待たず押しつぶしちゃった跡は、ことごとくクレーター型に残ります。

もちろん、「潰しちゃだめだ」ってことは頭ではわかってます。でも、痒いし、痛いし、気になるし。無意識に潰しちゃいます。これを我慢するのは無理。どうしても跡を残したくなければ、手袋しないとだめです。

体の中心部はなかなか消えない

▼発症から7カ月後
お腹の水疱瘡の跡

これは腹を横から撮った写真。腹・背中・胸は、はっきりと跡が残っています。水疱瘡は体の中心部から発疹が出始めるらしいので、それが関係してるかも。あと、背中に関しては寝てる間に布団に押し潰されてクレーター型に残ったのかも。

普段の生活では全く気になりませんが、海とか温泉とかに行く時は少し目立ちますね。

いち早く抗ウイルス剤を飲むことが大切

跡を残さないために「発疹が出ている時はシャワーだけにしたほうがいい」とか、「ターンオーバーを促して色素沈着を改善することが大事」とか、色々な対策が紹介されていますが、何より大切なのは「発疹を増やさないこと」。

そのためにはいち早く抗ウイルス剤を飲むことが大切。効果が期待できるのは発疹が出てから48時間以内。

私はこのタイムリミットを過ぎてしまったので、完全に跡が消えるまで時間がかかるかもしれませんが、早めに病院に行って早めに薬を飲めば、もう少し早く消せるかも。

水疱瘡は本当に時間との勝負です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です